シェイクキャップ(R) - 素材のおいしさそのままに

贅沢仕立て

本茶は一般的な緑茶ペットボトルとは発想が違います。

「本茶」の製造工程(贅沢仕立て)

お客様が飲む前には粉末茶とボトルドウォーターが別々のため、保存料は一切使用していません。
粉末茶の鮮度はシェイクキャップで維持しています。

「本茶」の製造工程(贅沢仕立て)

一般的な緑茶ペットボトルの製造工程

常温で半年以上にわたり浸出液が酸化変質しないのは、保存料としてビタミンCを添加しているからです。
ビタミンCの味を押さえるために香料を加えたり、調合で工夫をしています。

抽出

茶葉と水を混ぜて浸出液を製造

濾過

冷却

ビタミンC添加(L-アスコルビン酸ナトリウム)

遠心分離

精密濾過

調合

ビタミンC添加(L-アスコルビン酸ナトリウム)

濾過

UHT殺菌

135-140℃、30-60秒

冷却

充填

特殊バリア製法

完全密封構造により、すりたての鮮度を維持します。

シェイクキャップ

「特殊バリア製法」(約60秒/5.55MB)